三井不動産リアルティ株式会社

キャリア採用情報

エントリーはこちら

転職者インタビュー

高山 怜士

「三井の総合力」を実践 総合職 リパーク事業本部 高山 怜士(前職:小売業)

もっとお客様に深く関わりたいと、
「人の三井」に惹かれて小売業から転職。

私は某小売業からの転職です。大学時代、日本の伝統技術に興味を持ってゼミで学び、それを商品で表現してみたいと、製品の企画から製造、そして小売りまで手がけるその企業を就職先として選びました。
入社後は店舗に配属されましたが、仕事に取り組むうち、自分が思い描いていたキャリアイメージとギャップを感じるように。新しいことにもう一度チャレンジするなら若いうちのほうがいいと考え、転職を意識するようになりました。
たまたま私のまわりに不動産業に携わっている人がいたので、話を聞いたところとても興味を引かれました。前職でも、販売を通してお客様の満足にお応えするのはとても充実感がありましたし、不動産業なら個人のお客様ともっと深く向きあうような仕事ができるのではないかと思ったからです。

写真:三井のリパーク

そんな折、三井不動産リアルティが中途で人材を募集しているのを知って応募。この会社に惹かれたのは、「人の三井」を標榜し、人材をとても大切にしているとうかがったから。私は社会人2年目の終わりにこちらに入社したのですが、自分の武器になるような経験なんてほとんどありませんでしたし、そんな状況で転職することに不安を感じていました。でも当社なら、中途入社者に対してもしっかりとした育成体制が設けられていて、きっと成長できるに違いないと。そして入社後、配属になったのはリパーク事業本部。てっきり住宅の売買仲介営業に関わるものだと思っていましたので、この配属は少し意外でしたが、当社の総合職はさまざまな可能性があるとも事前に聞いていましたので、これは良いチャンスだととらえ、リパーク事業の営業にとてもやりがいを覚えています。

自分の裁量で、駐車場による土地活用を提案。任せてくれるから力が伸びる。

写真:高山 怜士

いま私が手がけているのは、土地のオーナーや不動産業者に対して、駐車場経営による土地の有効活用を提案していく仕事。まずはOJTで先輩方についてこの営業の進め方や提案に必要な知識などを学び、その後、東京西部のあるエリアを担当として任されました。この営業の肝は、とにかく先方から信用を得ること。そのためにはまめに顔を出し、用件を電話やメールで済まさずに自ら足を運んで直にお会いして密にコミュニケーションをとることが大切。それはどんな営業でも変わらない基本だと思います。

最初の頃は、なかなか仕事がうまくいかずに苦労しました。そんな時は、先輩からいろいろとアドバイスをいただいて…たとえば、不動産業者の方とお会いする際、私は「駐車場になる土地はないですか?」などとアプローチしていたのですが、それだと話がまったく広がらない。事前に自分で調査して「この土地を駐車場にしませんか?これぐらい収益が上がりますよ」など、踏み込んだ提案をすれば、先方の関心も高まる。そうしたちょっとしたヒントを与えていただいて、後は自分で考えてやってみろと任せてくださる。時には、ここまで自分の裁量で決めていいのだろうか?と思うようなことまでやらせてくれる。こうした風土なので、意欲さえあれば本当に成長できる場だなと実感していますね。

そして、踏み込んだ提案ができるようになれば、新たなニーズが発掘できる。たとえば先方から「この土地はもう売却したい」とか「実はマンションを建設したいと考えている」という話が出てくることもあり、そうした要望にも社内やグループ会社と連携してお応えできます。当社は総合不動産企業ですから、あらゆるニーズに対応することができ、いろんな切り口からお客様のお役に立てるのも面白いですね。

社会が抱える問題解決に貢献できることに、大きな意義を感じる日々。

会社にはあまり苦労することなく、スムーズに馴染むことができました。人事の方から定期的にフォローしていただいていますし、また、同年代の方々から声をかけてもらって同期会に参加するなど、社内のネットワークも広がっています。中途入社だからといって疎外感を味わうようなことはまったくありませんね。

このリパーク事業は、いま世の中が抱えている問題の解決に貢献できます。たとえば相続でお悩みであったり、あるいは遊休地を抱えて困っていらっしゃる方々の力になれる。そこに私はいま、大きな意義を感じています。たくさんの土地をお持ちの方であれば、将来相続する時、大きな税負担が発生します。その土地をいくつか駐車場にしておけば、万が一の際も処分が容易ですし、相続で面倒な状況に陥ることはありません。こうした、土地オーナーのお客様にとって本当に価値のある提案を行い、ご満足いただけた時は、とても大きな充実感があります。また、人生経験豊かなオーナーの方々と接していろいろなお話しをするのも、個人的にとても勉強になりますし、日々自分の幅が広がっているのを感じています。

今後は、仕事の量や質をもっと向上させて、リパーク事業でさらに大きな成果を上げ、そして将来的には、この経験を活かして売買仲介の営業にもチャレンジしてみたいと考えています。お客様が抱える不動産に関する問題にすべてお応えできる、私一人で「三井の総合力」を実践できるような人材になることが、いまの大きな目標です。